MENU

子供のわきが対策-ミョウバン

子供のわきが対策として手軽にできる方法はないのかな?と探していませんか?

 

わきが対策として、ミョウバンを使った対策方法があります。ミョウバンを使った方法は、子供のわきがにも使えます。ここでは、ミョウバンを使った子供のわきが対策についてお話しします。

 

 

 

子供のわきが対策-ミョウバンの効果とは?

子供のわきが対策に、ミョウバンは有効です。その理由は3つあります。

 

抗菌・殺菌作用

ミョウバンには、抗菌・殺菌作用があります。わきがの原因は、汗と菌の繁殖です。ですが、ミョウバンによって菌の繁殖が抑制されると、臭いもしなくなります。

 

制汗作用

ミョウバンには、制汗作用があります。ミョウバンによって、汗そのものの量が減少すると、臭いも少なくなります。

 

消臭作用

ミョウバンには消臭作用があります。そのため、ミョウバン自体が臭いを消してくれます。

 

 

上記3つの作用から、ミョウバンはわきがの原因に対してアプローチします。なので、しっかりと臭い抑制してくれます。

 

ミョウバンはどこで手に入る?

ミョウバンは、スーパーや薬局でも販売されています。100円程度で購入できるので、非常に安くわきが対策に取り組むことができます。食品としては、料理の煮崩れを防いだり、アク抜きなどに使うことが多いでしょう。

 

子供のわきが対策になるミョウバン水の作り方

ミョウバンは、すり鉢などで粉末状にして、直接脇に擦り込むだけでも効果があります。(イメージとしては、ベビーパウダーみたいに粉を脇につけるだけ。)
ですが、ミョウバン水を作りスプレー容器にいれると持ち運びもでき、使いたいときに使用できるのでおすすめです。

 

ミョウバン水の作り方

ミョウバン水を作るのに必要なのは、「ミョウバン50g(1袋)」、「水 1500ml」、「ペットボトル」です。

 

  1. ミョウバンと水を入れてペットボトルの蓋をします。
  2. そして、ペットボトルを振ってミョウバンと水を混ぜ合わせます。
  3. その後、一晩置いておく。(ミョウバンを水に溶かしきるため。)

という流れで、ミョウバン水は完成です。

 

ミョウバン水の使用上の注意点

ミョウバン水が完成したら、自分の肌にあるのか確かめる必要があります。使う前に腕の内側に少しだけ吹きかけてみましょう。そして、皮膚のかぶれがないことが確認できたら、使用しても問題ありません。

 

もし、腕の内側の皮膚にかぶれの症状が見られたら、肌に合わない可能性が高いので使用しないことをおすすめします。あるいは、自分の肌にとっては、濃度を濃い可能性もあるので、薄めてみるなど調整してみてもいいでしょう。(※この作業をパッチテストという。)

 

まとめ

ミョウバン水はリーズナブルで、簡単にできるわきが対策です。ですが、ミョウバン水を作るのが面倒だと感じる方もいると思います。また、ミョウバン水ではわきがが改善されなかったという人も多いようです。自作したわきが対策グッズは、やはり自作の域を超えません。なので、しっかりと対策したいという方は、わきがクリームなど、専門家が開発した商品を使うと良いでしょう。

 

⇒子供のわきが対策に大人気クリームをチェック!