MENU

子供のわきが対策-薬

子供のわきが対策に有効なはあるのでしょうか?一般的には、わきがの薬というとあまり知られていませんが、わきがの薬はあります。わきがの薬としては、内服薬と外用薬があります。

 

この記事では、病院での治療として手術以外の方法として”薬”についてお話しします。

 

 

 

子供のわきが対策-外用薬

わきがの治療として病院で処方される外用薬としては、「塩化アルミニウム液」が代表的です。塩化アルミニウム液は、制汗作用と臭いを抑制する効果があります。

 

塩化アルミニウム液は、軽度のわきが症状に効果があります。なので、重度のわきが症状には効果を実感できないことが多くなります。

 

また塩化アルミニウム液には、かゆみを生じる副作用症状が起こることがあります。そのような場合は、部分的に塗ったり、かゆみを感じたら洗い流すという方法で対応することが可能です。ですが、かゆみが酷い場合や、炎症生じた場合には、皮膚科の医師に診てもらうようにしましょう。

 

子供のわきが対策-内服薬

わきが対策に用いられる内服薬は、主に「臭化プロバンテリン」と「精神安定薬」があります。ですが、どちらの薬にも副作用のリスクがあります。

 

臭化プロバンテリンには、汗が出るときの伝達物質であるアセチルコリンの分泌を抑制する薬です。この薬には、副作用の危険があり、口が乾く、目が乾く、尿の出が悪くなる場合があります。なので、継続的な服用に向かない薬です。

 

またわきが対策の内服薬としては、精神安定薬を用いることがあります。その理由は、臭いを気にしすぎるあまり「人と会うことに恐怖感」を強く感じる方の精神的負担を軽減するためです。

 

ですが、精神安定薬にも副作用があり、眠気やふらつきなどの症状が起こることがあります。また精神安定薬は、神経に働きかけるものもあり危険なので、医師の指導に従って服用するようにしましょう。

 

まとめ

子供のわきが対策としては、手術はリスクも高いですが、内服薬・外用薬においてもリスクがあり、優れたわきが対策であると言えないことが分かると思います。

 

なので、手術も、内服薬・外用薬を使用するのも気が進まないという場合は、わきがの子供を持つ親御さんにも大人気のわきがクリームを使うことをおすすめします。

 

⇒子供のわきが対策に大人気クリームをチェック!