MENU

子供のわきがにママが気づいた時の有効な対処法は?

子供のわきがに気づいたら、どうすべき?この記事では、子供のわきがママが気づいた時の有効な対処法についてお伝えいます。

 

最近では、いじめの原因にもなってしまうと言われる「子供のわきが」。この悩みに対して、どのように親が対処してあげるかが大切です。

 

子供のわきがに気付いたら時に実践したい5つのコトがあります。

 

 

 

①過剰に反応しない!

親が子供のわきがに気付いたとき、まずは「過剰に反応しない」ということが重要です。なぜなら、親が過剰に反応してしまうと、子供は「自分は臭い」と思ってしまうからです。子供がそれほどわきがに対して過剰になっていないときに、親が過剰になってしまうと子供に「わきがは悪いこと」と思わせてしまいます。

 

親の過剰な反応によって、子供も過剰に反応するようになりコンプレックス化するキッカケになってしまいます。なので、親は過剰に反応しないことを心がけましょう。

 

②言葉遣いに気を付ける!

子供のわきがに気付いたら、言葉遣いに気を付けることも大切です。言葉遣いによって、子供に与える影響が変わります。

 

例えば、「臭いがキツイからデオドラント剤付けた方が良いよ」というような言い方は、子供もわきがを強く意識させてしまうキッカケになります。

 

言葉遣いはケースバイケースですが、子供の気持ちを考えて言葉を選ぶようにコミュニケーションをとることが大切です。

 

③そっと見守る!

子供がわきがだと気づいたら、そっと見守ることも大切です。子供がわきがに対して意識していない段階で伝えてしまうと、これもまた子供のわきがをコンプレックス化させてしまうリスクが高くなります。

 

子供自身が気づき、それに対して改善したい、治療したいと思ってもらうのが一番です。ですが、親の方から伝えた方が良いと判断しても、伝えるタイミングというものを考えた方が良いでしょう。

 

④伝えるタイミングをうかがうう!

子供のわきがに気付いたら、伝えるタイミングをうかがいましょう。場合によっては、子供自身が意識し始めるまでに1年~5年ほどかかることもあるでしょう。それでも見守り、伝えるタイミングを伺うことが大切です。

 

そして、子供がわきがを意識し始めたときには、その相談に乗ってあげましょう。

 

⑤親がわきがについて勉強しておく!

子供のわきがの相談に乗ってあげられるためにも、親自身がわきがについて理解を深めておく必要があります。わきがの対策には、手術だけでなく、デオドラント剤、クリームなど選択肢があります。

 

例えば、子供のわきがに親が気づいた初期や、子供が自ら気づいた初期には、クリームなどを与えてあげることで対策を始めると良いでしょう。いきなり手術の話をすると、子供に恐怖感を感じさせますし、コンプレックスを深刻化させてしまうことも考えられます。

 

 

⇒子供のわきが対策に大人気クリームをチェック!