MENU

子供わきが対策-デオドラント

大切なお子さんに、子供わきがの症状が出た場合、周りから何か言われたりして子供が傷つかないかといった心配は親なら誰しもが持ちますよね。でも、まだ肌が弱い子供にとって、デオドラントを使わせるのはどうなの?といった心配もぬぐえないと思います。

 

今回は、子供わきがを抱えるお子さんと親御さんのために、正しいデオドラントの選び方を紹介させていただきます。

 

 

 

デオドラントの成分について

子供の肌はとても敏感です。子供わきがの対策としてデオドラントは毎日つけることになりますから、肌に優しいものを選ぶ必要があります。また、脇の下というのは肌の中でも大変弱い部分ですので、できるだけ低刺激の肌に優しいデオドラントを選ぶようにしましょう。

 

アルコールが含まれているものや、防腐剤がたくさん使われているものなど、場合によってはアレルギー症状が出てしまうこともありますので、注意が必要です。できるだけ天然成分を使っているものを選び、逆に、刺激が強いとされる塩化アルミニウムが配合されているものは避けるようにしてください。

 

また、単なる体臭対策として売られている普通の制汗剤では、子供わきがの症状はなかなか緩和されません。単なる汗のにおいと、子供わきがのにおいは、そもそものにおいの原因が違います。

 

そのため、デオドラントを選ぶ際には、しっかりと「子供わきが対策」として作られたデオドラントを選ぶようにしましょう。

 

必要使用回数について

デオドラントの商品によって、塗る頻度などはそれぞれですが、できれば一日一回の使用で効果が出るものが望ましいです。子供であっても、やはり脇が臭うことは恥ずかしいものです。子供わきがはしっかり羞恥心が育った小学生~思春期にかけて症状が出ることが多いですから、心のケアも必要となります。

 

そのため、一日に何度も塗る必要があるデオドラントだと、そのたびに自分の体質を恥ずかしいと感じてしまうようになりますし、学校にいる間や体育の授業の後など、「効果が切れているのではないか」と心配しながら過ごすことにもなりかねません。

 

また、前述のとおり、肌が敏感なこともあるため、何度も塗る必要があるものは好ましくありません。できるだけ、一日一回の使用で効果が続くデオドラントを選んであげるようにしましょう

 

数種類あるデオドラントの中でも、クリームタイプのデオドラントは、ほかのスプレータイプやミストタイプなどと比べて持続力が高いと言われています。クリーム状になっているため、保湿力が高く、乾きにくい性質を持っているのです。

 

できれば、クリームタイプのデオドラントをおすすめします。

 

ケースの形状について

できれば、子供が自分でつけることができるものが好ましいです。子供であっても、しっかり羞恥心はありますし、自分は人とは違う子供わきがの症状があることも自覚しています。

 

つけるのが難しい形状だと、お母さんにつけてもらうことになりますが、たとえ相手がお母さんでもやはり恥ずかしいものです。できれば、子供自身が自分で上手に使えるタイプのものを選ぶようにしてあげましょう。

 

大人の場合はロールオンタイプのものや繰り出し式のものが主流ですが、それらのタイプだと、毎日直に肌と触れてしまうため、あまり衛生的とは言えません。大人に比べて肌が弱い子供に使う場合は、衛生面を考慮して、ワンプッシュで適量が出てくるクリームタイプのものがおすすめです。

 

安全性について

デオドラントの商品は、直接肌に塗るものですから、安全性についてもしっかり配慮しなければなりません。商品によっては、放射線テストや各種アレルギーテストを実施しているものから、無添加無香料のもの、アレルギーテストについては記載がないものなど商品によって様々です。

 

アレルギー体質のお子さんの場合はもちろんですが、そうでない場合でも、毎日肌の弱い部分に塗ることになりますから、しっかりと肌への安全性を考えられている子供わきがのデオドラント商品を選ぶことをおすすめします。

 

価格について

子供わきがの場合は、手術をしないで経過を見ることが多いと思います。そのため、一時的な症状ではなく、子供わきがという体質に対して、毎日デオドラントを使い続ける必要があります。そうなると忘れてはいけないのが、価格面での続けやすさです。

 

いくらいいものを…と思っても、値段が高すぎてどうしても続けられないほどのものだと意味がありません。

 

子供わきが対策のデオドラントの商品は、定期購入のコースなどを設けている場合や、キャンペーンを実施していることもありますから、しっかりと値段を比べ、いつまでも安心して使えるものを選んであげることも大切です。

 

返金保証について

最後に、子供にとって上手に塗ることができるか、また、肌が痛くなったりしないかなど、効果や副作用については様々です。そのため、デオドラントが効くか効かないは体質によって変わります。

 

子供わきが対策として売り出されているデオドラントは、決して安いものではありませんので、「効かなければ買い替えればいいや」程度には考えられませんよね。メーカーによって、体質に合わなかった場合の返金保証制度がある場合とない場合がありますので、事前にしっかり確認するようにしましょう。

 

さらに、返金保証制度がある場合でも、設けられている期間が、購入から90日以内のものから、永久となっているものまで様々ですので、その点についてもしっかり確認しておきましょう。いかがでしょうか。

 

まとめ

子供わきが対策のデオドラントの選び方について、6つの視点から紹介させていただきました。大切なのは、お子さんの体質、肌に合ったものを選ぶことと、お子さんの心のケアです。買って使用した後も、ちゃんと効果があるか、お子さんが痛がったりかゆがったりしていないか経過を見ながら、過ごすようにしてあげてくださいね。

 

⇒子供のわきが対策に大人気クリームをチェック!